2011年3月20日日曜日

3月20日 本日のご報告

本日も沢山のご支援ありがとうございました。
現地から入った情報をいくつかお知らせしたいと思います。
大きな避難所には、すでに物資はだいぶ行き渡っていて、命にかかわる物資不足からは
抜け出したそうです。

ただ、その代わり、ほっとしたとたんに、心のケアーが必要な状況になりつつあるようで、
気持ちが明るくなるようなものを求めているようです。
これからは、文化的な支援が求められそうです。

その反面、難しいのは在宅老人の方々です。徐々に自治体も発見してきていますが、
まだまだ、把握できてないのが現状のようです。
こちらも、どのように探し出すかで四苦八苦しております。
お知り合いに、そのような不安があるかたは、tohoku-kanehiro@salcorp.jpまで ご連絡ください。

また、いわき市においては、放射線問題での災害が依然続いております。
地震、津波の災害をうけながらも、、放射線問題に直面しております。

本日お話させていただいた、海岸線の医院長さんのお話では
患者さんのケアーをするための物資(オムツ、リハビリオムツ、手袋や紙食器)
スタッフの方々の通勤に使う ゴミ袋90ℓ(放射能対策でかぶるため)や消毒薬などが足りないそうです。
いわき市においては、子供たちよりも、お年寄りが避難できずに困っておられます。

本日、渋谷区の大秀不動産さまに車庫を提供していただきました。
ありがとうございました。
23区内で4トントラックワイドを置かせていただける駐車場を募集しています。
是非、今後ともご支援よろしくお願いいたします。

ありがとうございました。

株式会社 カネヒロ スタッフ

0 件のコメント:

コメントを投稿