2012年12月29日土曜日

遅くなりましたが。クリスマスのご報告

友人の活動家の方々が、福島県相馬市の仮設に、子供たちのクリスマスパーティーを盛り上げに行くので、協力してほしい。とのお話があり、喜んで元祖新宿餃子あおばの餃子を1100個提供させていただきました。小さくでも、ご協力できることはとてもうれしいことです。
あと、双葉町の町長さんからも、年末にお礼状が届きましたので、皆様にご報告させていただきます。
皆様、今年もいろいろとお手伝いありがとうございました。
来年も、何卒よろしくお願いいたします。
すべての人に、幸せが訪れますように!
よいお年をお迎えください!

2012年4月4日水曜日

お礼状と共に

震災から一年経って、沢山の方々からお手紙やお葉書でお礼や現在のご報告を頂いています。
よかったと思う反面、まだまだ何かできないことは無いかなと考えさせられる文面もあり
今後も小さいながらなにかお役に立てればと考えております。
その中で、一冊の本が届きました。
カネヒロでは、原発の問題で運送会社のトラックが入らなかったところで、尚且つ行政の手が届くのを待っている時間が無い医療関係を中心に、手渡しで支援物資をお届けしてきました。
その中の施設で訪問看護のチームがあり、その方たちからお礼状と共に送られたきたのが

「311災害に立ち向かった看護師たちの記録 」という看護師さんたちの記録本でした。

そこに、あのときの生々しい様子が書かれていました。
正直、あの時期を思い出しなんとも言えない気分で読ませていただきました。
そこに、カネヒロのことも書かれていました。

カネヒロの活動をやっていて本当によかったと思える瞬間でした。
皆様には御協力いただき、心から温かく支えていただき、感謝の気持ちでいっぱいです。
またいつ起こるかわからない自然災害。
私たちも当事者になる可能性も十分あります。
そのときはカネヒロを思い出してください。

春のご報告

3月に双葉町の皆様がいらっしゃる埼玉の高校跡地に、あおばのコラーゲン餃子をお届けにいってまいりました。
移動販売車では一回に40個しか焼けないので、沢山の仲間が平日にもかかわらず、お手伝いに集まってくれました。
もう、いくつ焼いたかわかりませんが350人分の餃子を焼きました!
あおばの餃子は、皮はかりっとしているのですが、中はとろとろで、ご高齢の方が多かったので
とても喜んで頂きました。
食べ終わったかたが次々と感想とお礼の声をかけにきてくださり、本当にこちらこそありがとうございますという気持ちになりました。
後日、町長さんからも感謝のお手紙が届きました。
ご報告まで。
今後ともご協力よろしくお願いいたします。

2012年2月20日月曜日

2月18日 がんばっぺいわき応援キャンペーン!

沢山のご報告が遅くなってしまいましたが、この冬も少しずつではありますが、活動させていただいております。
石巻のNPO法人様を通じて、カイロ、下着、コート、手袋、靴下、防寒用具類を15箱ほど。
キズナフォトさまを通じてコート類7箱ほど。

そして、この度は、がんばっぺいわきの応援に行ってきました。
カネヒロの仲間、元祖新宿餃子あおば「コラーゲン餃子」で盛り上げようという企画です。
 
 いわきの方600人が集まる大イベントでした。
実行委員の方がチラシを作ってくださっていたのですが、そのチラシを見て泣きそうでした。

「あの、震災のときにいち早くきてくれたカネヒロさんが、また来てくれます!」みたいなことが書かれていて、そのとき、皆さんがどれだけ喜んでくださったかが伝わる文章でした。

3月11日の数日後。当時を振り返ってみるととにかく、一秒でもはやく生活物資を届けなくてはと、血眼になって物を集めていました。



そして、本当に困っていて、行政の手の届かないところに!といって選んだ場所が福島のいわき市でした。そのとき、原発が大爆発を起こし、運送会社のトラックも福島には行かなくなっていたのです。

カネヒロのトラックを迎えてくれた、皆さんのうれしそうな目を今も昨日のように思い出します。

それからもうすぐ1年が経とうとしています。
そのときに、知り合ったたくさんの友人たちが、復興にがんばっています。
こうやって盛況なイベントをできるようになって本当にうれしく思います。
さらには、あの時ありがとうと声をかけてくださる方もいらっしゃいました。

「カネヒロさん、本当にありがとう。これからも細くでいいから永く応援お願いします。」
3月に、地元ボランティアの方から言われた一言が、今でもずっと心に残っていています。

だから、カネヒロの支援活動は終わりません。
これからも、細く永く続けていきます。
なので、応援よろしくお願いいたします。



尚、3月14日 双葉町の方が避難している埼玉の避難所に炊き出しにいってきます。
今回は元気になる 元祖新宿餃子あおばの餃子をランチに振る舞います!

2011年11月10日木曜日

お礼状ともに、、、。

先日高圧洗浄機を送った3つの団体様から、お礼の声が届いていますが、
本日は、カネヒロの活動をとりあげてくださったコミュニティ新聞が届きました。
早速、福島の方々に貸出をしてくださり、いまもフル回転で使って頂いているという
ご報告も載っていました。
本当に、活用していただけているのがうれしく思う反面、このような活動をしなくてはいけない
もどかしさに、悲しい気持ちでもあります。
早く、福島の方々からこのような不安や活動から、解放されることを願ってやみません。

2011年10月10日月曜日

高圧洗浄機を寄付させていただきました。

急に寒くなりました。
みなさま、お体にはお変わりなくおすごしでしょうか。
震災から半年があっという間に過ぎ、もう、師走の声が聞こえてきました。
このたった数カ月の間に、生活や価値観ががらっと変わったかたも多いかと思います。
わたしたちもその一人です。
自分の生活、社員の生活、社員の家族の生活、それをとりまく色々なことを守るために
東奔西走してきましたが、いままで、支援で出会った方々とは、日々交流をし、情報交換を
させていただいていました。
そのなかで、カネヒロ支援では一番足を運んだいわきの皆さまのことは、いつも心の中にありました。少しずつ日々の生活を取り戻す中で、なにかお役に立てたらと思い、このたび高圧洗浄機を寄付させていただくことにいたしました。
子供たちを守っていくために役に立ったらうれしく思っています。
活動報告などしてくださるとのことなので、また、お知らせさせて頂きます。
この問題を風化させないためにも、微力ながらカネヒロでもお手伝いしていく所存です。
今後も少しずつではありますが、活動は続けていきます!
ありがとうございます。
カネヒロ支援窓口

2011年8月28日日曜日

秋に向けて

みなさま、物資輸送や炊き出しの際に多大なるご支援いただき、本当にありがとうございました。
5月に物資配送をしてからも、定期的に現地の方と連絡を取り合ってきましたが、まだまだ問題は多く残るものの、緊急の状態からは脱したとの明るくなるようなお礼のお言葉の数々をいただいておりましたので、カネヒロも滞っていた本来の仕事に戻りつつ、様子を伺っている状態でした。
しかし、ここにきて、また、地元の団体の方からの協力要請がありましたので、7月からいろいろと動いてきました。具体的に支援方法が決まりましたら、ご報告、お願いをさせていただきますので、よろしくお願いいたします。